10月 岐阜市歴史博物館・岐阜城・岐阜大仏殿

はじめまして!2回生のぶです。本当は12月の岡山城よりも先に投稿するはずだったのですが、伊切能歩に先を越されてしまいました。投稿が遅れてしまい本当に申し訳ございません。
10月は、岐阜市を中心に史蹟などを巡りました。岐阜市歴史博物館は、1階が基本的には特別展展示となっており、2階は常設展示となっています。そして、私達は岐阜市歴史博物館で開催されていた特別展「発掘された日本列島2018」に見に行きました。当特別展は、発掘調査で出土した遺物などが数多く展示されていました。特に取り上げられていたのは装飾古墳でした。装飾古墳関係ではないですが、下は古墳によく見られる埴輪です。
画像

次は、国指定史跡 岐阜城跡に行きました。金華山にある山城です。関わった人物としては、戦国時代の大名の斎藤道三、織田信長がいます。
画像

岐阜城の天守の中は、資料館になっていました。そこでアニメ「信長の忍び」の紹介PVが上映していまいした。機会があれば面白いので是非見てください。
次に、岐阜大仏殿を見に行きました。岐阜大仏は日本三大仏を自称しています。正法寺という黄檗宗の寺にあります。
画像

最後に、、岐阜市の様々な史跡を巡りとても楽しい時間を過ごせました!

8月 姫路城

はじめまして、もう2回生になっちまった伊切無能歩です。ただいま滞納していたブログを一気に返済しているため、連続更新となっております。誠に申し訳ございません。
さてそろそろ本題に移らさせていただきます。8月は長期休暇中と言うこともあり、青春18切符を使って少し遠くへ行こう!となりました。行き先は先日お城総選挙でも1位に輝きました姫路城です!
画像

画像

とても...おっきいです
画像

白鷺城という愛称で親しまれる姫路城は皆さんご存じの通り、白漆喰総塗籠造のとてもきれいなお城です
現在の大天守は慶長14(1609)年に建てられたもので、数々の大修理はあれど400年以上も経過しています。
画像

お昼ご飯は卵かけご飯専門店に行きました!
先輩におごってもらったご飯はいつも以上においしかったです!

9月は石清水八幡宮に行く予定でしたが台風の影響で中止となりました...
次回のブログは10月の岐阜城です!
是非読んでください!

7月 日吉大社・日吉東照宮

こんにちは。東北です。
7月は、大津市坂本の日吉大社と日吉東照宮に行ってきました!

まず、はじめに向かったのは、日吉大社です。
日吉大社は全国に3800もある、日吉神社の総本山です。
日吉大社は神仏習合による、比叡山延暦寺とのつながりが強く、つながりが薄れた今でも鳥居などにその面影を見ることが出来ます。

その鳥居の写真です。(鳥居ちっちゃくてすいません笑)
画像


またこの地域には穴太衆(あのうしゅう)と呼ばれる。石工集団がいました。この人たちが作った穴太積みという石垣を見ることが出来ます。

画像



日吉東照宮は静岡の久能山東照宮、栃木の日光東照宮とともに、徳川家康を祀っている史跡です。

画像


高いところにあるので登り切った後の景色は最高です!
画像



このあと比叡山延暦寺に行くつもりでしたが、改修工事と時間がなくなってしまったため。今回は断念しました。
今度は、行ってみたいです!

今回日吉東照宮に行きましたが、東海民なので、やっぱ久能山東照宮がいいですね笑
8月は姫路城です!

6月 犬山城

はじめまして!兎角と言います!
漠然と過ごしているうちに、はやくも2回生となる春が来てしまいました!あと更新が遅くなりまして、すいません!
前置きはほどほどにしまして、6月は国宝犬山城へ行ってきました!
画像

天気はあいにくの雨がちの曇りでしたが、木曽川を挟んで見る犬山城天守は格別でした。
また、その逆も綺麗な景色でした!
画像
画像

犬山城を見終えたあとは、城下町で食べ歩きなどもしました!
メンバーの皆さんは五平餅や飛騨牛コロッケを美味しそうに食べてました。(私は金欠で見てただけ...)
画像

こんな感じで、今後も楽しく活動していければ、いいなと思います!
以上初ブログの兎角でした!短くてすいません!

5月 鞍馬寺・貴船神社

かなり不定期の更新となってすみません。DJです。
5月は鞍馬寺と貴船神社に行ってきました。
以前もサークルで行ったのですが私は活動では今回が初めてでした。

画像


某少年探偵映画でも取り上げられましたね。

細かい説明は以前のブログで取り上げているので割愛します。(笑)

駅を出たら早速目に映るものが。
画像


画像


本殿の前には六芒星の床が広がっています。
パワースポットとしても有名ですね。

その後貴船神社にも行きました。
本宮参道の階段の光景は有名ではないでしょうか。

この日は天気も良く、歴史と自然の両方を堪能できました。
季節によって見れる景色も違うのでまた訪れたいですね。

それでは次回は犬山城になります。
興味をもって頂けたらまた見てくださいね。


4月29日活動分 安土城

こんにちは!くりたけです!
二回続けてのブログになります。
今回は新歓も兼ねて県大から近めの安土城に行ってきました!

安土城は織田信長が丹羽長秀に命じて建てられた城で現在は石垣だけが残っている城です。

安土城の石垣の画像です。
画像

大手道(おおてみち)という天守閣までまっすぐ続く幅の広い道があり、「防衛を想定した戦国時代の城であればなぜそのような道を作ったのか?」という点が現在でも議論の種になっています。(支配の象徴として建てたのではとも考えられています。)
大手道の脇には名だたる大名家の屋敷があります。(前田利家、羽柴秀吉など…)

大手道の脇にある伝織田信忠邸跡の画像です。
画像


今回も楽しい活動でした!
今回はこれで終わります。
ありがとうございました!


愛知県清須市・名古屋市(3月27日活動分)

こんにちは!くりたけです!
ブログを書くのはこれで二回目となります。

3月は清須市・名古屋市周辺で、信長関連の史跡(主に桶狭間の戦い関連)をめぐりました。

名古屋に行くのは初めてだったのでとても楽しみにしていました!
滋賀からは割と遠いので、いつもより少し早めの7時半に集合し、青春18きっぷを使って清須まで向かいました。

さて、まず初めに向かったのは清須古城跡公園と清須城です。

画像


清須城は応永12年(1405年)に建てられ、一時織田信長の居城であったことで有名です。
関ヶ原の戦い以後、徳川家康により清須城城下町は名古屋城に移転され、清須城もそのための資材として解体され廃城になりました。(清州越しというそうです。)
そのため現在の清須城は模擬天守で、場所も本来あった場所の隣に建てられています。
清須古城跡と清須城が同時にあるのはこういう理由のようです。

模擬天守の中身は城の再現というよりは信長の資料館のような感じで、当時の資料の展示などがメインの場所でした。


見終わった後はちょうどお昼だったので名古屋まで行ってごはんを食べました。

画像


やっぱり名古屋と言ったら味噌カツですよね!


午後は、JR大高駅付近の史跡を散策しました。下は案内図です。

画像


いろんな場所に行ったのですが、今回は桶狭間の戦いに関係のある場所に絞って紹介していきたいと思います!

まず最初は鷲津砦跡(「わしづとりで」と読みます。)そして丸根砦跡です!

                        こっちが鷲津砦跡↓(今は公園になっています。)

画像


                        こっちが丸根砦跡↓

画像


桶狭間の戦いの前、鷲津砦、丸根砦が今川方に攻められたと聞いた信長は熱田神宮まで急行します。
しかし、熱田神宮まで到着した時にはもうすでに鷲津砦、丸根砦ともに陥落しており、熱田神宮からは、
それぞれの砦があった位置から煙が出ているのが見えたそうです。
桶狭間の戦いの前哨戦ともいえるこの砦の攻防は、ある意味では信長の逆転劇のきっかけとなった場所ですね!


次は大高城(おおだかじょう)です!

画像


ここはもともと織田方の城だったのですが、今川方の調略により城主の山口教継が寝返り、桶狭間の戦いの際には今川方の城でした。
実は、鷲津砦と丸根砦は大高城と周囲の今川の城との連絡を邪魔するための砦であったといわれています。
その砦二つが陥落してしまったので織田方も大変困ったことでしょう。



最後は桶狭間の戦いを語るうえで絶対外せない場所!そう…



桶狭間です!(当たり前やろ…)

写真を見てわかる通り今は公園になっています。
画像


織田信長と今川義元の像もありました。

画像


この公園の面白いところは公園の一部が桶狭間の地形とそれぞれの砦や城を再現しているところです。
歴史的に重要な場所なので、いい計らいだとおもいました。

ちなみに信長が奇襲に成功したのは、今川方が桶狭間の丘陵の上り坂に疲弊していたという要因もあったといわれていますが、そんな学説があるぐらいなので、周辺の坂道は結構きつかったです…
(部員の一人が「今奇襲うけたら絶対死ぬわ…」とか愚痴るぐらいには…)



さて、今回紹介する史跡は以上になります。
清須城・鷲津砦・丸根砦・桶狭間と、桶狭間の戦いの足跡をたどるにしては、今川方の足跡を見るのか
織田方に焦点を当てるのか不明確な少しちんちくりんなルートでしたね…
まあ、関連する史跡をみるという点ではとてもいいルートでしたし、なによりとても楽しかったので全然OKでした!


あと夜は金山駅周辺で油そばを食べました。(前も飯のことばっかり書いてた気がするなぁ)


楽しい思い出だったので、つい長くなってしまいましたが以上で活動報告を終わります。


ps 4月は新入生歓迎会兼活動日4月29日)を行います。
   ぜひ来てください!
















2月 山崎めぐり

こんにちは。三回生生活も終わりを告げようとしております、ゆうだいです。


更新が遅れてしまったのですが、今年2回目の活動は山崎に行って来ました。


南彦根駅から電車に揺られておよそ一時間半、京都と大阪の間に位置する山崎に到着すると晴れおり、過ごしやすい。史跡巡りサークルの活動は天気に恵まれています。


かつて、天下分け目の天王山の戦い(山崎の戦い)があったのもここ山崎。
今ではとてものどかな雰囲気の住宅地といった感じなのですが、当時は戦乱の火に包まれていたようです。


今回の主目的はその天王山に登ること。標高約270メートルとそこそこ高い山なのですが、若さに任せて登ります。


画像



天王山の中腹から撮った写真です。青い空と緑の山が印象的でした。


要所要所で休憩を挟みつつ、登って行きます。
天気が良かったこともあり、登山を楽しむ人も多くいました。


八合目辺りで鳥居を見つけました。
酒解神社という神社のもののようです。この社は元々郷社で、歴史は養老元年(717)から続いていると言われています。元々は仏教の牛頭天王を祀っていたようですが、神仏分離令などにより、素盞嗚尊を祀るように改められたそうです。


画像




画像



登頂!最早山登りサークルです。
山頂付近には曲輪の跡と見られる部分もいくつか見られました。山崎城の跡でしょうか。


山頂近くの休憩所で各自購入した昼食を食べ、休息した後に下山を始めました。


下山した後は、サントリーの見学も考えましたが、予約が必要なようで入れませんでした。残念。


今回の活動は短めでしたが、実際に史跡の雰囲気を感じられた良い一日でした。
今後もこういう活動をしていきたいですね。

唐招提寺 薬師寺

こんばんは、さゆさゆです。
ブログは2年ぶり2回目です。

1/13の活動記録をば。



奈良県の唐招提寺に行くということで朝早く出発、
二時間ほど電車に揺られてました
「西ノ京駅」で降りるといきなりそれっぽい塔が・・・!

ということで駅前すぐにあった薬師寺からまわりました。

画像

画像



小学校の国語の教科書でみた"千年の釘"があったり、
建築に使われた大きな木があったり、
お堂内の色合いが日本離れしていたり、
戦国時代の城ばっか行く私にとってはいい経験でした。!



そして本日のメイン唐招提寺へ。

画像



想像より広かった~!

観音さま(全てを観音さまと呼ぶのかはわからんけど)がたくさんいらっしゃいました。
鑑真さんにも会えたよ
金堂の屋根に隅鬼なんかもいたり。バッチリ見た。



画像

映え要素もありました。はーとや。(^^)



この日はほんとに寒かった・・・!
池も歩けそうなくらい凍ってました。
小さい神社の手水舎も柄杓ごと凍っていました。しゅごいね。

久しぶりに参加できた&普段行かない奈良に行った&参加メンバーのキャラが濃かったので楽しかったです

2017年12月 京都東山+α

こんにちは、部長のまーいーです。

気が付いたらもう12月、もう大晦日…一年がたつのはあっという間ですねぇ(..)
本当はもっと早くブログを書くつもりだったのですが。。

そんな2017年のサークル活動の総決算として(?)、今月は京都の東山周辺を中心に史跡巡りをしました。


まず初めは、二条城に行きました。いきなり東山ではないけど…笑

画像


ちょうど大政奉還150周年記念のイベントをやっていて、二ノ丸御殿の前でミュージシャンが歌っていました。
誰かはよくわからなかったです(^^;)


そこから、途中参加の部員と合流するために、少しだけ清明神社へ立ち寄りました。

画像


ちなみに、この地は千利休終焉の地にあたるそうで、現在境内にある「清明井」の水を利休が実際に飲んだのでは…とのことでした。


次に、ようやく東山にある足利将軍家ゆかりの相国寺に行きました。

画像


応仁の乱などの度重なる戦で何度も焼失し、寺の中心的な建物である法堂は、豊臣秀頼による再建です。
法堂の天井に描かれた「鳴き龍」は圧巻でした。


最後に、こちらも足利氏と関わりの深い慈照寺に行きました。
言わずもがな足利義政が建てた銀閣があることで有名なお寺ですね。
日曜日だったこともあり、ものすごく混雑していました……

画像




あっさりと紹介しましたが、今回も例にもれず一日中歩き倒しました。
このサークルらしい、いい一年の締めくくりになったと思います。


それでは、良いお年を!

【特別編】 明智光秀ゆかりの地へ【滋賀県大津市】

どうも、おきゃじです。今回は特別編ということで、12月に訪れた滋賀県内の明智光秀にかかわりのある地を紹介していきます。

とはいえ、そのすべてを徒歩で散策するのはしんどい・・・

ということで、今回は近江タクシーさんが運行する「戦国無双タクシー」に乗って観光してきました。

画像


大津駅から出発して、まず訪れたのは近江八景のひとつ「唐崎の夜雨」の舞台で有名な唐崎神社です。日吉大社の摂社で、女別当命(わけすきひめのみこと)を祭神としています。

神社の名物の一つは、大きな一本松です。近世に出版された「東海道名所図会」などにもその姿が描かれ、松尾芭蕉も「からさきの松は花よりおぼろにて」と句を詠んでいます。

画像


現在の松は三代目で、木の上部がなくなっていますが、タクシードライバーの方の説明では、近世初頭の松は琵琶湖の湖上まで伸びており、明智光秀の重臣秀満(左馬助)が坂本城へ帰り着く目印となったそうです。

もう一つの名物は、みたらし団子です。唐崎神社では毎年「みたらし祭り」が行われ、その際授与される御手洗団子が和菓子のみたらし団子の起源となりました。

画像


食べたい方は、神社の前に店を構える「かぎや」さんがおすすめ。注文後に作ってくれる団子は市販のものと食感が全然違います。店内に掲示された昔の神社や松の写真、そして神社を見続けてきたお店の方のお話は、とても印象深いものでした。

画像


さて、次に訪れたのは坂本城址公園です。ここで少し説明を入れると、坂本城は、織田信長による比叡山延暦寺焼き討ち後、明智光秀が築城した城で、琵琶湖の水を引き入れた水城形式でした。ルイス・フロイスは「安土城に次いで絢爛豪華な城」と評価していましたが、天正10年(1582)6月の本能寺の変後、明智秀満が秀吉軍との戦いの中で城に火を放ちました。その後丹羽長秀が再建しますが、天正14年に廃城となりました。

城址公園は坂本城の最南部と推定されている場所で、光秀像や周辺の案内板が設置されています。

画像


訪問した日は偶然地元のボランティアの方にお会いし、坂本城について熱く解説していただきました。

少し移動して、向かった先は西教寺。この寺は、聖徳太子が高麗僧恵慈・恵聡のために建立したとされ、現在は天台真盛宗の総本山となっています。坂本城のものを移築したとされている総門があり、境内には明智光秀の妻熙子(ひろこ)や三女珠(珠子/ガラシャ)ら一族の墓があります。

画像


ここで小話。ドライバーの方によると、光秀は家臣の地位に関係なく平等に弔ったそうです。そのため、家臣からの信頼も厚かったとのこと。彼にはキリスト教への理解があったということでしょうか。
また光秀は、見合いの際に、疱瘡にかかっていた熙子を正妻として迎え、側室をおかなかった、妻となった熙子は自らの髪を売って生計の足しにした、といったエピソードも興味深かったです。

内部を観覧していると、光秀の肖像画や秀満が使ったという鞍が置いてありました。国重要文化財の仏像といい、見応えたっぷりのお寺です。

それから少し寄り道をして、旧の北国海道沿いに設置されている坂本城跡の石碑も見てきました。この場所は坂本城の二の丸付近にあたるようです。石碑裏には大正4年(1915)の文字が彫ってあります。

最後に訪れたのが、聖衆来迎寺です。ここには鎌倉時代の六道絵をはじめとした多くの文化財が残っていて、比叡山の正倉院とも言われているそうです。

画像


境内には森蘭丸の父であり、宇佐山城の築城主でもある森可成の墓があります。聖衆来迎寺が信長による焼き討ちを免れたのは、この功臣の墓があったからだといわれています。

寺所蔵の文化財は、都合上見ることができませんでした。これから訪問を考えている方は、聖衆来迎寺へ事前に連絡して日程を調整するようにしましょう。


今回の活動の感想に入ります。
こうして明智光秀にゆかりのある場所を訪問してみると、光秀に対する印象が変わりました。光秀は本能寺の変を起こした首謀者というイメージがどうしても強いのですが、家臣の弔い方や妻への愛情がわかる話を聞いて、率直に優れた人物なのだと感じました。こういった人柄の良さと主君への反逆、その後の悲劇とのギャップが今なお人々を惹きつけるのでしょう。
また、この活動では拝観できなかった聖衆来迎寺や、坂本城落城のときに討死した明智一族とその家来たちの首塚のある東南寺など、まだまだ訪れてみたい場所はたくさんあるので、ぜひリベンジしたいです。

今回は普段あまり利用しない、タクシーを使った訪問となりました。博識で話の合うドライバーの方と一緒に観光するのはとても楽しかったです。駅からの観光で、徒歩では遠く、路線バスの時刻に縛られたくないと悩む方は、タクシーを一考されてはいかがでしょうか。

それでは、次回の投稿をお楽しみに!

今回利用した戦国無双タクシーのHPはこちら↓
http://www.ohmitetudo.co.jp/taxi/course/sengokumusou_taxi/index.html/







福井県大野市 越前大野(11/26活動分)

こんにちは!初めまして、くりたけと申します!

11月は、福井県の越前大野という場所の史跡をめぐりました。
実はサークルに入って初めての活動だったのですが、歴史に詳しい先輩方のおかげで一人で行くよりも2倍は楽しめました!

今回は僕の特に印象に残った事柄や景色を中心に紹介していきます!

さて、僕たちが最初に向かったのは越前大野城です。
越前大野城は、天正3年(1575年)織田信長の家臣金森長親が築城した平山城で、亀山という山の頂上にあります。
まず、第一印象なのですが…雪がすごい!
下の写真は城へ向かう道中で撮った写真です。
画像

もみじと雪の組み合わせはなかなか見れない組み合わせでとてもきれいでした!
頂上まで着くと越前大野城ががみえてきたので入場料を払い中に入りました。

城の中は4階建てで、1~3階が資料館、4階が天守閣になっていました。
先輩方が「発掘されてる碁石は黒しかないでしょ?昔の白い碁石は貝殻でできてたから土の中で分解しちゃうらしいね。」等々いろんなことをおっしゃっていたのを聞き、とても勉強になって、楽しめました。
3階まで見終わった後天守閣から景色を堪能しました。
画像

山から下りるともう昼食の時間だったのでお店を探して大野名物「醤油かつ丼」をみんなで食べました。
素朴な感じがしてとてもおいしかったです。

次に、大野市歴史博物館に行きました。
縄文土器から江戸時代の甲冑まで、各々興味のあるものを見回りました。

その後、武家屋敷旧内山家・旧田村家を見学し、雪国ならではの雪対策の知恵に感心し、そこを後にしました。

最後に大野市民俗資料館に行きました。
昔の農具の使い方や「講」について、詳しい方がいらっしゃったのでよく学ぶことができて、昔のことなのにほとんど知らないことだらけだなぁと痛感しました。

以上が今回の活動の行程でした。
割と歩いたのでいい運動になりました!

全部見終わってからみんなで帰ろうとしたときに、先輩方がみんなで夜ご飯行こうと言い出しました。
どのお店に行くのか聞いてみると「ヨーロッパ軒」というソースかつ丼の店に行くそうです…

…夜もかつ丼かよ!

(おいしかったからいいけどさぁ…)


以上で越前大野での活動の報告を終わります。

関ヶ原 

こんにちは! DJです。

執筆2回目ですがまた更新を遅らせてしまいました。。
ともかく、史跡めぐりサークルでは10月は関ヶ原に行ってきました!

今回は広範囲で多くの場所を訪れました。。 ですので全て紹介するのは難しいので、印象に残ったものを紹介しますね。

まずは関ヶ原町歴史民俗資料館に行きました。
次に・・
画像


さらに、、
画像


いきなり決戦地に向かいました。
画像

この場所からはあたりを一望できました。しかし、実際に訪れてみると思っていたよりも各陣との距離が近く感じ、驚きました。


ここで昼食をとり、
各陣跡を歩いて巡りました。

順に、、、
西軍
画像



画像




宇喜多秀家!
画像


今回最も行ってみたかった場所なので行けてよかったです。


画像




そして中山道沿いに歩き、

不破関跡
画像


東軍
福島正則陣跡を訪れ、

藤堂高虎、京極高知 陣跡にも行きました。
画像



本多忠勝
画像



井伊直政、松平忠吉
画像


画像



画像



この日はものすごく疲れました・・・・
しかしかなり多くの場所を見るが出来て満足でした!



。。。。。。。
あとこんなものもありました 笑
画像


以上関ヶ原でした!



史跡めぐりサークル・ツヴァイ(国府宮・真清田神社)

 またどこかでお会いしましょうと言った側から、再び失礼します。みひろです。
ここからは私みひろの自分本位の旅、第二の史跡めぐり活動「ツヴァイ編」をお送りしたいと思います。
前回のブログのとおり、9月のサークル活動はみひろ一人だけでした。そこで熱田神宮・名古屋城の公式活動の後、帰路を道草して、みひろの趣味である「御朱印」を求め、名鉄沿線の神社巡りを敢行しました!今回は特別・おまけ編です。(「ツヴァイ編」が続くかはわかりません)
   
 名古屋城見学の後、名鉄に乗って「尾張大國霊神社(尾張総社 国府宮)に行ってきました。
画像

 当神社は尾張大國霊神(おわりおおくにたまのかみ)を御祭神に、尾張地方の総鎮守神、農商業守護神、厄除神として広く信仰され、奈良時代、国衛に隣接して御鎮座していたことから尾張国の総社と定められ、国司自らが祭祀を執り行う神社でありました。このことから通称「国府宮」として広く知られた(HPより)そうです。また、儺追神事の祭典「はだか祭」が有名だそうです。

 次に向かったのが尾張の一宮である「真清田神社」に行ってきました。
画像

 当神社は天照大御神の孫神である天火明命(あめのほあかりのみこと)を御祭神に、鎮座は、社伝によれば神武天皇33年。尾張国の一宮として、国司を始め人々の崇敬を集めました。鎌倉時代には、順徳天皇は当社を崇敬され、江戸時代には、尾張藩初代藩主徳川義直は、寛永8年(1631)当社の大修理を行う等、崇敬を篤くした(HPより)そうです。

 今回上記の二つの神社に参拝し、御朱印をいただきました。参拝したのは御朱印が目当てですが、御朱印を一つのきっかけ・ツールに各地の神社・寺院をめぐって現在、自前の御朱印帳は2冊目を更新しました(まだまだビギナーです)。神社にはそれぞれの「八百万」の御祭神が、寺院にも宗派などによってさまざまな仏様たちが鎮座し、参拝する私たちを温かく迎え入れてくれる。その神様・仏様に心から手を合わせ、その後出会いの証として御朱印を頂戴する。これが私の御朱印巡りの思いです。
 人が旅をする目的は様々、ぜひ一度御朱印帳を持って、旅をするのはいかがでしょうか?
以上、「史跡めぐりサークル・ツヴァイ」でした!

尾張を巡る~みひろの一人旅~

 こんにちは、前回「湖北の城 ~玄蕃尾城と堂木山砦~」を投稿しました、 みひろ です。
9月のサークル活動はタイトル通り、みひろの一人で尾張(名古屋周辺)を巡ってきました。
 そんなわけで、旅の最初は「熱田神宮」に行ってきました。

画像

さすが尾張を代表する社で、三種の神器の一つ「草薙神剣」が鎮座されているだけあって、身が引き締まる、霊験あらたかな空間でした。
 次は地下鉄の乗って「名古屋城」に行きました。

画像

名古屋城天守閣へ行く手前、最近復元された本丸御殿に入りました。出来立てということもあり、襖絵や天井など装飾が絢爛豪華で、特に最初に目にする玄関と呼ばれる空間の襖絵に描かれている虎や豹が印象的でした。
画像


画像

ついに来ました、名古屋のシンボル「名古屋城」へ!名古屋城の内部は地階から7階まであり、最上階の展望台以外の階は、名古屋城の歴史を伝える展示がされていました。名古屋城は別名「金鯱城」と呼ばれていたほど金のシャチホコが有名で、城に入る地階で巨大なレプリカが展示されていました。またとある階では石引の疑似体験装置があり、体験してみると結構重かったです。

お昼は名古屋メシのきしめんを頂きました。
画像


今回の活動は一人だけと淋しかったですが、自分自身行きたいと思っていたので、自分のペース・時間で巡れたので(ある意味)、楽しい時間でした。ぜひこのブログを見た皆さんの「名古屋に行きたい!」きっかけになればと思います。
それではまたどこかでお会いしましょう!みひろでした。

徳川美術館へ!

こんにちは!三回生の”いし”です!

今回の史跡めぐりサークルでは、徳川美術館へ行ってきました!

画像


画像


この徳川美術館は、江戸時代の大名、尾張徳川家ゆかりの品々が収められています。

そして、今回訪れた際には特別展「天下人の城ー信長・秀吉・家康ー」が開催されており、さらに見応えがあるも

となっておりました。(博物館を出た後にはくたくたでした......笑)

画像


美術館の隣には、徳川園という尾張藩二代藩主光友が造営した大曽根屋敷を起源にもつ庭園があり、そちらも

見学しました。

画像


画像


最後に訪れたのが、尾張徳川家の菩提寺である建中寺です。

画像


画像


こちも、先ほど登場した徳川光友が建立しました。


今回の活動では、尾張徳川家ゆかりの地を訪れることができ、

名古屋の歴史的な魅力を感じることができました!

興味を持たれた方はぜひ行ってみてください!





7月 鞍馬寺

どうも、ブログ執筆は3度目となります、おきゃじです。
今回は鞍馬寺に行って来たので、その報告をします。

今回は試験前ということもあって、サークルメンバーは少なめでしたが、それはともかく、叡電に乗って鞍馬寺に向かいます。

画像


某少年探偵漫画のワンシーンを思い出しますね。

先に腹ごしらえを済ませて、いざ鞍馬寺へ!
画像


鞍馬寺は、宝亀元年(770)鑑真の弟子僧である鑑禎が白馬に導かれて山に登り、小庵をむすび、毘沙門天像を安置したことに始まるそうです。また、寺は天狗の本拠地と呼ばれています。

山門をくぐり、石段を登っていきます。
山の中というだけあって、京都市内と比べると幾分か涼しいのですが、それでも参道を歩いていると、じっとりと汗をかきました。

途中、寺院らしからぬ石碑のある滝に出会いました。

画像


魔王之碑・・・?

調べてみると、この「魔王」というのは「護法魔王尊」のことで、本尊である「尊天」の三身のうちの一体である「大地の霊王」のことだそうです。

さて、何度か小休憩をはさみつつ、本殿へ到着。

画像


本殿の前には六芒星の床(金剛床)が広がっていて、寺では尊天と人間とが一体となるための修業の場として使われているそうです。巷では、パワースポットとして知られています。

その後、一行は奥の院へと向かいます。
道はアップダウンが激しく、足場も不安定だったため、かなりしんどかったです。

不動堂を通り・・・

画像


奥の院参道最終地点、魔王殿へ!

画像

ここは、かつて護法魔王尊が降臨した場所だそうです。



鞍馬寺は市内から離れていたため森閑としていて、歴史と自然、両方が堪能できました。
紅葉の色づく季節に、また訪れてみたいです。

それでは次回をお楽しみに!




史跡巡りサークル 6月

こんにちは!
史跡巡りサークル1回生のだーはまです。
今回の報告は明日香村で行われた6月の活動についてです。
画像

ご覧の通り、天気が優れず、途中で強烈な雨に見舞われました。
画像

それでも目的地の飛鳥寺に到着。
ここには日本史でおなじみの飛鳥大仏があります。写真撮影OKなので、待ち受けとして写真を使えちゃいます!
画像

他にも展示品がたくさんあって、お寺というより資料館みたいでした。
画像

売店にはこれまた珍しい食べ物が。それは「蘇」という飛鳥時代に食されていた乳製品です。気になる味は…
キャラメルの甘さ控えめ的な感じでした。
画像

次の目的地は飛鳥資料館。ここには高松塚古墳やキトラ古墳の壁画の復元図や出土品が展示されていました。
キトラ古墳といえば四神の壁画が有名です。皆さんはどの神様がお好みですか?
画像

僕はこの朱雀がお気に入りです。その他に、発掘に際してはぎとられた地層も展示されていました。
画像

画像

その後、石舞台古墳と高松塚古墳を見学しました。どちらも当時の姿をとどめていませんが、貴重な文化財なんだと改めて感じました。
画像

ここだけの話ですが、実は飛鳥寺を見学した際、僕の傘が間違えられて持っていかれるというハプニングが発生しました。ここから雨を防ぐ手段がなくなって、不安だったのですが、その後は奇跡的に雨が降らず、無事活動を終えることができました。まるで飛鳥の地の神様が憐れんでくれたようで、不思議なこともあるもんだと思いました。
それでは次回もお楽しみに~


2017年5月 竹生島

こんにちは!2回生のDJと申します。
5月、史跡巡りサークルでは竹生島に行ってきました!
彦根港から...
画像


竹生島へ
画像


画像


到着。船は風も気持ちよく中々よかったです。
今回はかなり限られた時間でまわりましたが、
急で長い石段をのぼり、
画像


宝厳寺へ
画像


三重塔。 こちらは近年再建されたものでしたが、見上げると壮大で凄かったです。
画像


そして有名な舟廊下。
画像


外観
画像


こちらは朝鮮出兵のおりに秀吉の御座船として作られた日本丸の船櫓を利用して建てたそうです。

画像


かわらけ投げにも挑戦してみました! 結構な高さと距離... 2つの土器(かわらけ)に願いと名前を書いて
投げましたが結果は。。 両方とも崖下! 左右に1つずつ落ちていきました
フリスビーの要領で投げるとうまく鳥居へと投げれたみたいです。


船の出航時間に合わせたタイトなスケジュールでしたがとても充実した一日でした。
これからも活動を通してもっと滋賀の史跡について学ぼうと思います!








2017年4月 春の新歓、彦根城!

こんにちは!3回生のやまちゃんです4月の史跡めぐりサークルは、新入生の新歓もかねて彦根城を見学してきました!

今年の史跡めぐりサークルには、新2回生が1人、新1回生が4人も入会してくれました( *´艸`)


去年全くやらなかった新入部員募集のビラ配りのたまものですな笑



さて、本題に入ります。

ゴールデンウイーク2日目の彦根城は、多くのお客さんでにぎわっていました。

彦根城の天守です。おんぶされた部長のまーいー氏とゆうだい氏が映っていますね..ゆうだい氏休日のパパみたい('Д')
画像


偶然、ひこにゃんが天守の前にいました。ゆるキャラ界の重鎮とはいえ、ひこにゃんは人気がありますね笑
画像


ひこにゃんかわいい(#^.^#)
画像


太鼓丸の天秤櫓から、鐘の丸との間の大堀切にかかる木橋を撮影した写真です。

某大河ドラマの次郎法師っぽいひとがいるのかな(・・? 我々、史跡めぐりサークルも快く写真を撮っていただきました。顔がばっちし映っているので、ここではお見せできませんが… 申し訳ないです(>_<)
画像


彦根城の後は、近くの玄宮園に行きました。
庭園から、彦根城の天守もみえますね~
画像


さて、今回は以上になります。
無事に新入生も入ってくれて、これからのサークル活動も楽しみですね(*´ω`*)

2017.5.16 やまちゃん